テーマ:ジュン爺の超日常

盆棚2020

2020年8月13日撮影 生家の盆棚を今年も作った。形の上では今までと全く変化は無いが、私たちを取り巻く環境は大きく変わった。供養に来る親戚の人々はほとんどいなくなった。どの家も代替わりが進み、「一族共同体」の意識は極めて弱くなり、親類同士の日常の行き来が皆無になった。いや、それどころか、新型コロナウィルス感染症の流行で、人と人と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Amazonを騙ったフィッシング詐欺文を添削してみた。

Amazonを騙ったフィッシング詐欺がさかんにメールで送られて来ている。不用意にリンク先のURLにアクセスすると、アマゾンのログイン画面を装ったものになり、Eメールアカウントやパスワードをはじめ、住所・氏名・電話番号・誕生日・クレジットカード情報・本人認証コードなどを入力させ、個人情報を搾取されるというから警戒しなければならない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍とホワイトリカー

コロナ禍で消毒用のアルコールが不足している。一般にコロナウィルスにはアルコール消毒が有効である。コロナウィルスの細胞を覆う脂質膜をアルコールが破壊するのである。石鹸や洗剤などの界面活性剤も同様の効果があるという。 『食品と暮らしの安全』(2020.4)に「家族を守る法―ホワイトリカーで拭こう」という一文があった。 「高齢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍の中の、あさましき人々(New)

人は不安や恐怖に陥ると、防衛的になり、排他的になり、そして理性を失って凶暴になる。無知によりそれらは更に増幅される。そのような品性下劣な人々は新型コロナウィルスの世界的流行の中で本質が暴露され、「あさましき人々」として記憶される。 《県会議員が大量のマスクを転売》 3月7日、静岡県会議員諸田洋之氏は2月半ば頃から2000枚セット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍:今こそ、さいたまスーパー・アリーナの出番だ。

日本人がマスコミを通じて、強烈に脳裡に焼き付けられた映像。それは武漢で新型コロナウィルス感染症が爆発的に蔓延した1月下旬、無数の重機が動き回って二つの病院建設を進めている映像だ。1千床の病床を有する火神山医院の建設は1月23日に決定し、翌日着工、僅か10日余りの工期で2月3日に完成した。一方、1600床の病床を持つ雷神山医院は3日後の2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

簡単!手縫い不要!ハンカチマスクを作ってみた

用意するもの:古くなったハンカチ、紐2本(30~40㎝程度)(輪ゴムなら更に簡単だが、使用中耳が痛くなる)私は不要になったパジャマのウェストの紐を使った。 ①ハンカチを半分に折り、更に半分に折る。(小さ目のハンカチなら三つ折り) ②両側から3分の1のあたりに紐を通す。 ③ハンカチの両端を紐の位置まで折り返す。両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめての高齢者講習

埼玉県公安委員会から「運転免許証更新のための講習受講のお知らせ」が届いたのは10月24日のことだった。私の免許更新予定は半年後の来年4月だが、既に70歳に達しているので、高齢者講習が必要だと言うのだ。講習の手数料は5,100円。 「お知らせ」の中に、「内容確認後は、すみやかに予約をして下さい」とある。そこで家から一番近い教習所を選び電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「寒暖差アレルギー」という病気

2日前の朝、突然くしゃみと鼻水が出た。熱が出る兆候は無い。喉も痛くない。昨日の晩、咳が少し出て来た。 「こりゃいかん、風邪をこじらせたら埼スタに行けなくなってしまうではないか。」 普段なら「寝てりゃ治るよ」と言うところだが、どうしても直ぐに治さなければならない。そこでT耳鼻咽喉科を訪ねた。 「数日前からくしゃみと鼻水が出ています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴犬銀二物語(76)嵐の中の散歩・嵐が去って猫が来た

《嵐の中の散歩》 台風19号の「本体」がいよいよ首都圏に迫って来るという12日の夕方、私と銀二は散歩に出かけた。雨の日も風の日も大雪の日も、私たちはこうして散歩を続けてきた。無謀であることは分かっている。私はゴム靴と雨カッパ上下姿、銀二は何も着ず毛皮がカッパの代わりだ。 雨は強く降っていたが風は思った程強くない。上州の空っ風レヴェル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対訳:日本の十大人気女優、その美貌は花の如し

日本十大当红女星,各个貌美如花,你最喜欢谁? 京讯看影视 发布时间:18-04-24 日本の十大人気女優、その美貌は花の如し、貴方は誰が好き? 北京テレビ映画通信 2018年4月24日 1、新垣结衣 新垣结衣1988年6月11日出生于冲绳县那霸市,日本演员、歌手、模特,长相甜美、笑容纯真,拥有天使般笑容的她被受访者们称…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対訳:「北京ビキニ」が大人気

“北京比基尼”走红,这个造型登上了国际时装秀,网友乐了! 2019-07-06 搜狐 「北京ビキニ」が大人気、このスタイルは国際的優秀ファッションと、ネットユーザーは喜ぶ。 2019年7月6日 捜狐ネット 炎炎夏日来到,我国不少地区的气温都飙升到了35℃以上。夏季独有的一些着装特色也纷纷涌上街头:老大爷们穿着大背心,把…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読響サマーフェスティバル2019《三大交響曲》

もはや「年中行事」?「読響サマーフェスティバル」が今年も開催され、妻と聴きに行った。「避暑」など無縁の我々ゆえ、暑さを「三大交響曲」で吹き飛ばそうという趣向である。二階席に座る。芸劇の広いホールは三階まで超満員だ。 《プログラム》 シューベルト:交響曲第7番「未完成」 ロ短調 ベートーベン:交響曲第5番「運命」 ハ短調  ・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「劇伴」はうるさい

最近気になるのは、テレビドラマを見ていると、いわゆる「劇伴」(劇伴音楽)がうるさく感じられることだ。NHK『透明なゆりかご』(再放送)は、人間の生命と死をテーマにしたすばらしいドラマだったが、このドラマの主題歌にchara『せつないもの』が使われている。良い曲なのだが、劇中で、物語が最高潮に達し(視聴者の感情も高ぶる)、この曲が重ねられ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

盆棚2019:猫の大往生

2019年8月13日、今年も実家の盆棚が無事完成した。中央に胎蔵界曼荼羅を配し、諸仏の慈悲に包まれるように先祖代々の位牌を置いた。仏画は既に古くなり、ボロボロの状態で、まともなものが少なくなっている。盆棚のパーツとなる木も反りが入り、ビニールテープで締めないと崩壊しそうだ。それでも緑の笹のくねを作るとあーら不思議、たちまち祖霊が宿り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チョウの数え方を考える

「チョウチョも一頭、二頭って数えるのかしら?」 新聞を読んでいたサクラが突然質問して来た。 「ああ。それは聞いた事がある・・・・・・」と私は答えたが、それが何故なのか私は答えられなかった。 その新聞記事を読むと、埼玉県嵐山町「オオムラサキの森」の活動センター飼育員が「昨日も(オオムラサキが)一頭羽化して森に放しましたよ」と述べてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対訳:台風9号「レキマー」中国に上陸

众志成城迎战台风“利奇马” 「衆志成城」して台風「レキマー」を迎え撃とう 2019年8月11日 7時37分 人民日報 (※「衆志成城」とは、「多くの人が一致団結すれば堅固な城塞が出来る」の意味。) 10日1时许,今年第9号台风“利奇马”登陆浙江温岭沿海,是今年以来登陆我国的最强台风。记者从应急管理部获悉:截至10日17时,台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラのぼけかまし日記:三人寄ってもやっぱりぼけかましの巻

ジュン爺:「『アルキメデスのなんとか』という映画がある。ほれ、今、税金の無駄遣いやってるね。オリンピックの後維持費が大変になるのがわかってるのに、巨大なスタジアム作ったり、原発作ったりね、みんな利権がからんでるから止められないんだ。『アルキメデスのなんとか』は戦艦大和を作るのを止めさせようとする話だが、本当は今のね、利権がらみの無駄遣い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キャッシュレス社会の陥穽

セブン&アイ・ホールディングスは4日、参加のセブン・イレブンが今月(2019.7)始めたスマートフォン決済「7Pay」の利用者の一部が不正アクセスの被害を受けた問題で、7Payへのチャージを全面停止し、新規登録も停止した。 (2019.7.5朝日新聞) 日本のキャッシュレス社会は韓国、中国に比べると大きく遅れている。キャッシュレス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文字起し:ノーナレ「画面の向こうから」―ベトナム人技能実習生―

この文は、NHK総合2019年6月24日(水)放送の「ノーナレー画面の向こうから」を文字に起こしたものである。文中のタイトルや小見出しは、映像なしでも理解できるように、すべて私(ジュン爺)がつけたものであって制作者に責任はない。また、一部カットしている。 制作者はNHK大阪の青山浩平ディレクター。Eテレ「バリバラ」の制作者である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成天皇の提起に国民は応えなければならない

2019年4月の「元号決定狂騒曲」が一応終わった現在、私はあえて自分に問うてみる。 「なぜ平成天皇※は生前退位されたのか?」 「高齢となり天皇の務めが困難になったのならば、皇太子による「摂政」を置くことも可能だったのに、なぜそれを拒否されたのか?」 「憲法に規定された国事行為だけが天皇の任務である。しかし、平成天皇は20世紀末から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2.5に汚染される北東アジア

2019年3月、韓国が3.1独立運動100周年行事でナショナリズムが高揚している時、首都ソウルは深刻な大気汚染に見舞われていた。原因はPM2.5である。PM2.5は大気中に漂う粒子状の物質で、大きさは2.5マイクロメートル(2.5μm)以下である。極めて小さいので、吸入すると容易に肺の深部に達し、肺がんや喘息を引き起こす。PM2.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

e-tax作成中:じゅもんを唱えて次に進む

今年も確定申告の時期がやって来た。私はe-taxを利用してから9年になるが、昨年から電子申告にマイナンバー・カードが必要になり、仕方無しに区役所でカードを作った。カードを受け取る際に必要なのが、4種類の暗証番号の登録である。 ①「署名用の電子証明書」の暗証番号・・英数字6文字以上16文字以下 ②「利用者証明用の電子証明書」の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柴犬銀二物語(63)正しく撫でる

正月になり、川崎に住んでいる娘のトミコ一家が私の実家にやってきた。彼らが「我が家」でなく、「実家」にやってきたのには訳がある。 ユウちゃんは1歳の時、我が家にやって来て、銀二と初めて対面した。 「ユウちゃんは銀二にいたく興味を示し、叫び声を上げながらハイハイで銀二に近づこうとした。彼にとって、人間以外の生き物に接する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「今年の漢字」から2018年を振り返る

漫画家佐藤正明氏は「今年の漢字」に「力」をあげた(東京新聞掲載)。これをつぶさに見ることで、忘れやすい日本人(私だ!)の教訓としたい。 画の上方から下方に見て行く。 ① 「入管法」:これほど重要な問題を安倍首相は法案「生煮え」のまま力づくで採決してしまった。後は「これから考える」のでしょうか? ② 「トランプ力」:「クビ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スポーツ紙を買う

2018年12月10日。一般紙が休刊日なので、コンビニに走り10年ぶりにスポーツ紙を買った。 浦和では号外も出たようだが取り逃した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風24号の被害

2018年9月30日、台風24号が日本列島を縦断し、強風のため我が家のゴールドクレスト2号が道路側に倒れかかってしまった。(「1号」は2016年8月の台風9号の時伐採した。) ゴールドクレストは根の張りが大変弱く、大きくなると大風に自らの体を支えられない。倒れる度に、何とか起こし、つっかい棒で支え蘇らせて来たが、もはやこれまで。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜂と戦う2018夏の盛り

隣家のツタと当家のヤブカラシが渾然一体となり、そのツルが両家の境界を覆ってしまったので、私は脚立、剪定鋏、立ち鎌、殺虫剤などを用意してこれに立ち向かうことになった。用心深い私である。仕事の前に、一匹のアシナガバチが飛んでいるのを見て、「ハチ・アブ用マグナム・ジェット」を噴射し、これから枝を切る予定の木々にもかけた。 「大丈夫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害レベルの酷暑 2018年7月・四つのなぜ?

7月23日、熊谷市で41.1℃を記録し、従来の国内最高記録(2013.8.12四万十市41.0℃)を5年ぶりに更新した。2位は青梅市の40.8℃だった。この日、日本全国を襲った熱波により、熱中症による救急搬送は全国集計で2377人、埼玉県など9府県で12人が死亡した。東京新聞は「酷暑災害レベル」という見出しで報じており、朝日も「災害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セウォル号裁判と大川小学校津波訴訟

2014年4月16日、韓国南西部の珍島沖で韓国旅客船セウォル号が沈没し、229人が死亡、行方不明者5人という大惨事となった。これに対し、死亡した修学旅行中の高校生116人を含む118人の遺族354人が、2015年9月、「国に責任があることを法的に判断してほしい」と訴訟(損害賠償請求)を起こした。 2018年7月19日、ソウル中央地…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルバー労働:アパートの二人の男(2)

私が、ドアの前に落ちている広告やチラシをゴミ袋に入れながら、「散らかし屋のにいちゃん」の安否を思い巡らしていた時、二階から「おっちゃん」が降りてきた。 「おっちゃん」は「散らかし屋のにいちゃん」よりも早くからアパートに住んでいる。彼の部屋は「にいちゃん」のちょうど真上にあたる。年齢は40~50代だろうか?いつも、世界が終末を迎える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more