朝に開き夜にしぼむ:フヨウ(芙蓉)の花

▽2020年8月5日 朝6時散歩中に撮影
image4.jpeg
image2.jpeg

和名はフヨウ(芙蓉)、学名はHibiscus mutabilis。アオイ科の落葉低木である。学名にHibiscusとあるように「ハイビスカス」と同じ仲間である。なるほどよく似ている。“mutabilis”はmutable=「変わりやすい」という意味である。朝にピンクの大輪の花が咲き、色が時間によって変化し、夜にしぼむという特色を表している。しかし、心配ない。次々と新しい花が咲き、開花期は8月~10月と長い。
中国原産だが、日本では室町時代から観賞されていたようだ。夏を代表する花木で、観賞用の他に、花や葉は中国では解熱などの薬用としても用いられた。
花言葉は「繊細な美」。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント