アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「メディアリテラシー」のブログ記事

みんなの「メディアリテラシー」ブログ

タイトル 日 時
内閣支持率の「水増し」
2017年6月に実施された大手新聞各紙の内閣支持率調査は、「支持する」が読売49%、日経49%、朝日41%、毎日36%だった。支持率が大幅に低下したことは予想通りだが、「読売、日経、毎日の差は何なのだろう?13ポイントも違うではないか」という疑問が出るのは当然だ。その原因は質問の仕方にある。 《読売、日経の方法》 @まず、「支持」「不支持」を聞く。A次に「言えない」「わからない」の人には、更に「どちらかと言えば(お気持ちに近い方は)」と重ね聞きをする。ここで得た数字を「支持」「不支持」に... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/26 17:58
NHK「貧困高校生」報道炎上事件と相模原殺傷事件
8月18日、NHKは「ニュース7」の中で、子どもの貧困問題を特集的に報道した。最近、格差社会の激化という視点から、NHKはいくつかの特別番組を放送しているが、これもその一環であろう。私は、この放送を視聴していないので、新聞報道等から内容を知った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/03 15:19
ダッカ・人質テロでマスコミが言えないこと
7月1日、ダッカで日本人7人を含む22人がイスラム国を名乗る集団に殺害された事件を知り、私は暗澹たる気持ちになった。イスラームに名を借りた偏狭な排外主義者に対して心からの怒りを感じるとともに、日本人が、彼らの言う「十字軍」と一体化していると見なされる時代がとうとうやって来たという印象も受けた。 そして2015年1月のイスラム国による後藤健二殺害事件のことを思った。それは安倍首相の「積極的平和主義」が「イスラーム国」による人質殺害正当化の根拠を与えてしまった事件だった。 あの時、安倍首相は... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/06 16:50
逃げ切りを図る舛添都知事
逃げ切りを図る舛添都知事      △東京新聞(6/7)佐藤正明氏の風刺画 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/07 10:41
「靖国神社爆発音事件」の謎
警視庁公安部が捜査する事件には不可解なものが多い。容疑者の逮捕理由や逮捕のタイミングに「政治的意図」が感じられることがあるからだ。 2014年10月の「イスラム国志願兵事件」もそうだった。警視庁公安部が「私戦予備および陰謀の疑い」という聞いたことも無い法律を根拠に、「イスラム国に加わろうとした」若い男性を逮捕したのである。この事件は同月、国会に提出される予定の「テロ資産凍結法案」を成立させるためのシナリオとして利用されたという指摘があり、実際、この法案は翌月11月19日に「すみやかに」成立した... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/11 16:07
父方の歴史が無視された「ファミリーヒストリー」
私の好きな番組の一つがNHK「ファミリーヒストリー」(毎週金曜日20時放送)だ。この番組は、著名な俳優、TVタレント、スポーツ選手などをゲストに迎え、そのゲストの家族史をNHKが徹底取材し、その結果を見せるものである。視聴者はゲストの家族史と、それを見るゲストの反応を同時に見ながら、その驚きの結果に涙することになる。また、NHKの取材の見事さにも感心する。時には海外に渡り、関係者に取材し、資料を調査するのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/24 13:55
青木理 講演会「国家権力とメディア」
8月28日(金)浦和コミュニティセンター 18:30〜 「九条の会・さいたま」主催の定例講演会である。青木理氏は1966年生まれのジャーナリスト。『抵抗の拠点』『メディアの罠』など多数の著書がある。また、テレビ朝日モーニングバード、TBSラジオ荒川強啓Dキャッチに出演している。「法的安定性は関係ない」で有名になった磯崎首相補佐官の「天敵」と呼ばれている。安保関連法案反対の世論が高まる中で、会場には従来よりも多くの市民が参集した。以下は講演の要約である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/29 18:08
スポーツ紙の愚劣な見出し
「中国チームがレナトを“爆買い”オファー1日で電撃移籍」(スポーツ報知7/15電子版) これは川崎フロンターレのFWレナトが中国1部の広州富力に完全移籍するというニュースである。年俸約1億円、違約金3億円超で「中国の“爆買い”による電撃移籍だ」と記事は強調している。つまり、社会現象の一つである、中国人観光客の「爆買い」がスポーツ界にも及んできたという印象を読者に与えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/16 12:19
「イスラム国」志願兵事件の本質
公安の動きには必ず政治的意図がある。あるいは、極端に言えば陰謀のにおいがする。それは10月7日、次のようなニュースを新聞で目にした時にも強く感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/10 13:59
朝日新聞謝罪会見の怪
11日、木村朝日新聞社社長は記者会見を開き、福島第一原発の吉田昌郎元所長の、いわゆる「吉田調書」をめぐる報道に誤りがあったことを認めた。 これはNHKニュースでも大きくとりあげられた。ご丁寧に安倍首相の「日本人の名誉を傷つけた」というコメントも紹介した。これは朝日の従軍慰安婦報道に対するものなのだが、朝日を攻撃するためのすばらしい援護射撃となった。一新聞社の誤報をめぐるマスコミ総出の「朝日叩き」はまさに異常であり、従軍慰安婦問題をめぐるバッシングが原発問題報道にも波及した感がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/13 08:39
TPP交渉の怪
4月23日、オバマが安倍と銀座の高級寿司店で会食した後、オバマは「人生の中でいちばんおいしい寿司だった」と語ったそうだ。私は、「この様子では、中でボス交渉があったな」と思っていたのだが、やはり情報が出てきた。豚肉の差額関税制度の撤廃をオバマが会食中に提案し、安倍が譲歩したと言うのだ(5/20東京新聞)。あらためて店から出てきた二人の写真を見てみると、安倍は心なしか浮かぬ顔をしている。逆にオバマの満足顔は必ずしも満腹のおかげだけではないだろう。オバマはそれと引き換えに「尖閣の安保条約第5条適用」と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/21 11:24
2つの気になる事件
2月21日、二つの気になる事件が新聞で報じられた。 「アンネの日記次々破られる」(朝日新聞・要旨) 都内の公立図書館で「アンネの日記」や関連書籍220冊以上がページを破られる被害に遭った。被害が確認されたのは新宿、中野、杉並、豊島、練馬の各区と東久留米、西東京の公立図書館。練馬区では、区内9館で、十数ページが引きちぎられたものもあり、警視庁に被害届を出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/21 20:05
「偽ベートーベン事件」から学ぶもの
2月5日、大勢の記者の前で、「私は18年間佐村河内守氏のゴーストライターをやってきました」と、作曲家新垣隆氏が告白した。佐村河内氏は交響曲“HIROSHIMA”で脚光を浴び、CDの売り上げもクラシック界では異例の18万枚、2月からは地方オーケストラが中心となり、全国ツアーが開始される矢先のことであった。そして、この記者会見の席で、佐村河内氏は全聾ではないことも暴露され、これまでの彼の虚偽性がクローズアップされた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/16 23:19
「安倍機関化」が進むNHK
NHK会長籾井勝人氏の会長就任会見での発言を聞き暗澹とした気持ちになった国民も多いだろう。記者の質問に対して、公的な会見だということも忘れ、次のようなことをベラベラとしゃべったのである。 「(国際放送で)政府が右ということを左と言うわけにはいかない」「(首相の靖国参拝は)総理が信念で行かれたということで、いいじゃないか。淡々と総理は靖国に参拝されました、でピリオドだろう。」「(特定秘密保護法は)通っちゃったんで、言ってもしょうがないのではと思う」「(慰安婦問題について)ドイツ、フランス、オラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/06 00:09
猪瀬直樹について考える
2013年9月17日、東京地検特捜部が医療法人徳洲会を公職選挙法違反の容疑で強制捜査した時、猪瀬直樹知事は、この事件による災いが自分の身に降りかかろうとは夢にも思わなかったろう。9月9日、オリンピックの東京招致が決定した時、彼はまさに「飛ぶ鳥を落とす」勢いだった。9月20日、定例会見では、安倍首相の「アンダーコントロール」発言に対して、「必ずしもアンダーコントロールではない」と述べる余裕まで見せた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/25 23:15
メディアを考える
先日、講演会の中で某大学教授が「私の大学では新聞を取っている学生は5%程度」と述べていた。すると、学生達は政治や社会の情報をどこから得ているのだろうか?1つはテレビ、もう1つにはインターネットがあげられるだろう。ところがこのインターネット記事は、「読ませたもの勝ち」ともいうべき(これは週刊誌と同じ)、実に扇情的な見出しに溢れている。特に中国・韓国に関する報道内容は一方的、作為的なものを感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/09 11:46
誰が橋下を支持しているのか・『世界』7月号より
今や橋下徹大阪府知事に関するニュースは連日のように報道され、彼は依然として高い人気を維持しているようである。「橋下を首相に」などと書きたてる週刊誌も出て来ている。 ところが「君が代斉唱」「イレズミ調査」「原発再稼動問題」など、彼の発言がマスコミを賑わして来たにもかかわらず、彼の政治理念や政策に関しては、何ひとつわからない。「君が代斉唱」問題だって、彼が「君が代」肯定の歴史認識を展開しているわけではなく、「公務員の規律」を言うのみである。書店で彼の著作を求めようにも、自らの意見を体系的にまとめ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/11 22:22
橋下徹という人
4年前、橋本徹氏が大阪府知事に当選して以来、マスコミへの露出度が一層高まり、彼の発言は逐一報道され、その影響力を強めてきた。また、彼への批判に対して、橋本氏自らメディアを利用したり、ツイッターなども駆使して「戦闘的」に反論を加えるものだから、更に彼の人気は高まるという構造になっている。彼が首相になることを期待する声も国民の中には一定程度あるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/02 21:45
お笑い芸人・河本叩きは何を意味するのか?
1960年、東京地裁で日本国憲法に関わる画期的な判決がなされた。この訴訟は一般に朝日訴訟と言われ、現在でも高校の政治経済の教科書「基本的人権・生存権」の項目に必ず記載されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/26 11:36
メディアスポーツと化した箱根駅伝
サッカー界でワールドカップよりもアジアカップのほうが人気が出て、レヴェルも高い、ということはあり得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/07 14:47
消費文化としてのバンクーバー冬季五輪
 冬季オリンピックは、浅田真央の銀メダルにより終焉を迎えるようである。まだ競技は続いているが、日本メディアにおける、この間の「主役」は、間違いなく浅田真央であった。メディアは彼女を終始追いかけ、彼女の経歴、家族、支援スタッフに至るまで丁寧に紹介した。一人の少女の「自己実現物語」として。  そして、キム・ヨナとの「ライバル物語」がそれを補強する形で導入され、2月26日のフリーの演技で最高潮に達したのである。人々はその物語をメディアを通じて消費し、酔いしれた。そして「彼女から力をもらい」、「真央... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/27 13:10
浦和レッズ報道とメディア
2009年10月25日、浦和レッズはホームで大宮アルディージャに0-3で敗北した。全く見るものが無いひどい試合だった。私は試合終了と同時に席を立ったが、試合後、怒ったサポーターの一部が居残り、橋本社長を「つるし上げ」たのだという。翌日のスポーツニッポンには次のような記事が出ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/30 00:20
マスコミは腐ってるぞ
昼間T○Sテレビに予約録画した『宮廷女官チャングムの誓い』(再放送)を見ようとしたら違うものが映っていた。酒井法子保釈報道の騒ぎである。湾岸署の前に集まった報道陣は数百名か?上空にヘリコプターが舞う。「間もなく出てきます」と現場レポーターが叫ぶが、一向に酒井法子は出て来ず、その間はテレビ局のスタジオでは深刻な顔をした解説者がコメントし、番組は延々と続く。報道特別番組が組まれていたのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/17 19:41
情報操作を図る中国政府・「毒入りギョーザ事件」を考える
「中国製毒入りギョーザ事件」は1月下旬、日本のマスコミの衝撃的報道で幕を開けた。当初、中国側の対応は従来見られなかったような、すばやいものだった。問題の企業の商品の輸出停止と商品の回収、そして立ち入り調査。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/07 23:23
想起せよ・倖田來未「差別発言」によせて
倖田來未の「35歳になるとお母さんの羊水が腐ってくる」発言に対し、人々の非難が集まったため、倖田が謝罪したというニュースが、マスコミを賑わした。私はこの発言を擁護するつもりはないし、差別は物事に対する無知から生まれることが多いから、これを一種の差別発言と捉えてよいのだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/19 22:50
ワインの酸化防止剤
ワインの瓶の裏のラベルにはアルコール分の表示の次に、必ず“酸化防止剤(亜硫酸塩)”と書いてある。普段はほとんど気にせず飲んでいるが、『食品と暮らしの安全』2月号に“ワインの酸化防止剤を検査”の記事が出ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/29 22:38
納豆が消えた!
私は毎日仕事帰りにスーパーに寄り食材を探している。納豆は好物で冷蔵庫に欠かしたことがない。いつもの食品棚に行って驚いた。納豆が1個もない!ただの1個もである。そこに貼り紙がありこう書かれていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/11 20:35

トップへ | みんなの「メディアリテラシー」ブログ

ジュン爺日記 since2006 メディアリテラシーのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる