アクセスカウンタ

ジュン爺日記

プロフィール

ブログ名
ジュン爺日記
ブログ紹介
さいたま市在住。 政治、社会、浦和レッズ、ボランティアのことなど、とりとめもなく書き綴っています。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
菅野完講演会―日本会議の動向と森友問題―
2017年3月25日 浦和コミュニティセンター第15集会室 18:30〜 主催:戦後72年アジアとともにパネル展実行委員会 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/26 22:23
ユキヤナギが満開
ユキヤナギが満開 △3月25日撮影 ユキヤナギはどこにでもある花木だ。寒さにも暑さにも強く、ほうっておいてもどんどん伸びる。根分けをすれば簡単に再生する。桜よりも早く、根元から柳のように垂らせた枝に、無数の白い花を付ける。 この写真のユキヤナギは近所の畑の端にあり、日当たりが良いので自由に生い茂っている。まさに「わが世の春」を謳歌している。私は、その生命力に圧倒されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/25 15:48
国・東電の犯罪に迫る地裁判決・原発事故被害訴訟
《画期的判決》 3月17日、前橋地裁(原道子裁判長)は、画期的な判決を下した。この裁判は、原発事故で福島から群馬県などに避難した住民が、東電と国を相手に損害賠償を求めた民事訴訟である。判決は「東電は巨大津波を予見しており、事故は防げた」として、危険を予知できたのに回避する対策を怠った東電と、監督責任を怠った国に3655万円の支払いを命じた。(原告は15億円の損害賠償を求めていたが、賠償が認められたのは原告137人中62人だけであった。) 《予見可能性の根拠》 判決の中で「東電は巨大津... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/24 16:32
群響東京公演2017春
群響は例年のように、前日(18日)、群馬音楽センターで定演を行い、翌日に同じプログラムで東京公演を行なった。3月下旬に行なわれるこのコンサートを私は「春の訪れ」のように感じている。演奏は群響の充実ぶりが感じられるすばらしいものだった。ホールは3階まで客が入り、満員盛況。私は14列目の右寄りに座る。 《プログラム》 千住明:オペラ「滝の白糸」序曲(2017改訂版) チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23 ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調 作品27 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/20 13:17
ハナモモが咲く
ハナモモが咲く                    △3月18日撮影 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/18 13:02
フッキにやられるACL・浦和レッズvs上海上港(TV観戦)
上海3−2浦和 得点 ラファエル・シルバ(73分PK)、遠藤(84分)3月15日 上海体育場 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/16 23:17
甲斐国の石垣と城を崩す・浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府
甲斐国の石垣と城を崩す・浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府 浦和4−1甲府 得点 興梠(57分)、武藤(60)、李(83)、ラファエル(90+2) 3月10日(金) 埼玉スタジアム 観衆22711人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/12 22:54
「トカゲの尻尾きり」・森友学園問題の闇
2月のマスコミは「金正男氏殺害事件」を連日大きく取り上げた。私は「“悪の帝国”北朝鮮を叩くのはマスコミにとって無難であり、北朝鮮ミサイル脅威論を強調する政府の動向にもかなっている。しかし、安倍政権にかかわる“あの問題”については、腰が引けた報道しかできないだろう」と思っていた。「あの問題」とは勿論「森友学園の公有地不正取得疑惑」の問題である。しかし、2月下旬から3月に入って、「みんなでやれば怖くない」と考えたのか、あるいは「数字が取れる」と思ったのか、民放各局のワイドショーや情報番組で連日、この... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 16:45
ホーム開幕戦に快勝・浦和レッズvsセレッソ大阪
ホーム開幕戦に快勝・浦和レッズvsセレッソ大阪 浦和3−1C大阪 得点 武藤(22分)、興梠(36)、ラファエル・シルバ(52) 3月4日(土) 埼玉スタジアム 観衆43826人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 09:52
Kリーグ王者に大勝・ACL浦和レッズvsFCソウル
Kリーグ王者に大勝・ACL浦和レッズvsFCソウル 浦和5−2ソウル 得点 武藤(9分)、李(11)、関根(15)、宇賀神(21)、駒井(45) 2月28日(火)埼玉スタジアム 観衆18727人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/03 14:16
娘の里帰り出産(13)「旅立ち」
3月1日。ユウちゃん生後38日目で夫の啓太君とお母さんが横浜から迎えに来た。妻と手を振って車を見送り,ここに「娘の里帰り出産」は終結した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/01 22:44
守備の乱れで敗北・Jリーグ初戦・浦和vs横浜F.マリノス(TV観戦)
横浜3-2浦和 得点 ラファエル・シルバ(63分、64分) 2月25日 日産スタジアム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/26 23:07
娘の里帰り出産(12)「ジュン爺・マンガで育児理論を学ぶ」
娘の里帰り出産(12)「ジュン爺・マンガで育児理論を学ぶ」 ユウちゃん生後33日目。体重は出生時より約1kg増えた。1か月検診では母子共に異常がないという。トミコは1日1〜2回ミルクを与えるだけで、ほとんど「完母」に近い状態で育てている。あきらめずに授乳の努力を続けているのは見上げた根性である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 19:33
ACL初戦に快勝・浦和レッズvsウェスタンシドニー(TV観戦)
Wシドニー0−4浦和 得点者 興梠(56分)、李(58)、槙野(68)、ラファエル・シルバ(86) 2月21日 キャンベルタウン・スポーツスタジアム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/23 14:42
フジ・ゼロックス・スーパーカップ:浦和vs鹿島 (TV観戦)
浦和2−3鹿島 得点 興梠(74分PK)、武藤(75分) 2月18日 日産スタジアム ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/20 17:32
日本語ボランティア・「ウグイス」
私が2年間会話を続けたフランス人のフランソワ氏が帰国してしまい、少し寂しいが、新たな外国人が次々と日本語の学習を求めてやってくる。 本日の生徒は中国遼寧省出身の女性Bさんである。Bさんは日本男性と結婚して日本名を名のっている。日本に来て8年経つので、日本語はかなり上手い。「日本語の基本からやり直したい」ということで、日本語の教科書持参で当教室にやってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/18 19:52
娘の里帰り出産(11)「微笑み」
2月14日、ユウちゃん生後23日目。体重は出生時よりも約600g増加している。 トミコが搾乳保存してある母乳を温めている間、私は泣いているユウちゃんを抱き上げ、体を揺らしながら子守唄を歌った。「ねむれ、ねむれ、母の胸に」(母じゃないけど)。その先の歌詞は忘れてしまったので、最初の4小節を繰り返した。 すると、見よ!ユウちゃんは泣き止み、ニコッと笑った。 「ユウちゃんが笑ったぞ。」 私はトミコに告げた。 「それは、“新生児微笑”といい、笑ったのではなく、生理的現象だよ。」 トミコは静か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/17 13:51
さいたまシティカップ・浦和レッズvsFCソウル (TV観戦)
さいたまシティカップ・浦和レッズvsFCソウル (TV観戦) 浦和1−1ソウル 得点 長澤(83分) 2月12日 浦和駒場 観衆11444人 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/15 13:47
娘の里帰り出産(10)「完母」を目指す
ユウちゃん、生後21日目。「今は1日中授乳のことを考えている」とトミコは語る。母乳だけで育てることを「完全母乳」、略して「完母」ということを私は初めて知った。その反対が「完ミ」(完全ミルク)である。 ユウちゃんが泣けば、トミコはまず母乳を与える。なかなか吸ってくれない時もあるようだから根気が必要だ。母乳で寝てしまえば世話は無い。しかし、足らなければ再び泣く。そこで、予め搾乳して冷蔵庫に保存していた母乳を哺乳ビンで温めて与える(私は「搾乳器」の存在を始めて知った)。それでも足らなければミルクを与... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/12 22:41
「クリスマスローズ」が咲く
「クリスマスローズ」が咲く 昨年、中庭に地植えした「クリスマスローズ」が咲いた。薄紫色の気品がある花である。クリスマスに咲くのだと思いきや、春の訪れを告げるように2月に咲くとはこれいかに? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/09 16:40

続きを見る

トップへ

月別リンク

ジュン爺日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる