テーマ:集団的自衛権と日米ガイドライン

対訳:日米共同声明で日本は中国を敵と定めた

从美日联合声明看,日本铁了心要与中国为敌 军院34号发布时间: 04-18 10:59 日米共同声明から見れば、日本は中国を敵と固く決意している。 軍院34号 2021年4月18日 据观察者网4月17日报道,美日两国领导人于此前一天下午在白宫的会谈结束,随即双方发表了一则题为《新时代美日国际伙伴关系》的美日联合声明。其中几乎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二階幹事長「他山の石」の誤用は意図的?

2021年3月23日、参院選(2019)での買収事件をめぐって東京地裁で公判中の元法相河井克行被告が「全般的に選挙買収罪ということを争うことはない」と述べ、それまでの無罪主張から一転、買収を認めた。 二階幹事長はこの日の記者会見で次のように述べた。 「本人は大いに反省しているだろう。党としても他山の石として対応しなければならない」。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「過去の亡霊」森喜朗から学ぶもの

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長の発言が内外の批判に晒されている。 「女性理事を選ぶって文科省がうるさく言う。だけど情勢がたくさん入っている理事会は時間がかかる。女性っていうのは競争意識が強い。(会議で)女性の数を増やしていく場合は、発言の時間もある程度は規制を促しておかないと終わらないので困る、と誰かが言っていた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

強権への誘惑:特措法改正

私は、最近、政治家やTVのコメンテーターがコロナ禍の状況を「戦時」「有事」と表現することに大きな疑問を持っている。コロナ禍は重大な自然災害だから、広い意味で「有事」とも言えるが「戦時」ではない。「災害時」なのである。反対語は「平時」ではなく「日常時」だ。昨年12月の自衛隊看護師・准看護師の旭川市派遣は、自衛隊法に基づく「災害派遣」として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人の詐欺師の「落馬」

新型コロナウイルスは東西の二人の詐欺師を権力の座から引き下ろした。日本の安倍晋三と米国のトランプ。 森友・加計学園問題をはじめとして安倍が7年8カ月間についた嘘は数知れない。最近では「桜を見る会」の前日に開いた宴会の費用の出どころについて、国会の答弁で118回の嘘を繰り返していたことが分かった。「事務所は関与していない」「明細書は無い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかにし礼氏逝く

音楽家のなかにし礼氏が死去した。82歳であったという。2014年7月31日、私は「憲法と人権を考える市民のつどい」(埼玉弁護士会主催)を聴きに行った。その時の講演者の一人がなかにし礼氏だった。 なかにし礼氏は満州の牡丹江の生まれである。造り酒屋の息子として生まれ、6歳の時、ソ連軍の侵攻に遭い、命からがらの逃避行を体験した。そこで見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊看護師派遣だけが「最後の手段」ではない

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は12月7日、医療体制が逼迫する大阪府や北海道旭川市に、自衛隊の看護師十数人を派遣することを決定したという。手続き的に言えば、市町村長が「災害派遣要請」を要求⇨都道府県知事⇨防衛大臣⇨看護師の派遣命令⇨地域の医療機関で活動という手順になる。自衛隊法に定める「災害派遣」として実施されるということだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対訳:王毅外相:日中の民衆感情の隔たりは深慮の価値あり。

王毅:中日民众感情出现反差,值得我们深思 新浪财经 发布时间:12-0123:54 来源:环球时报 王毅外相:日中の民衆感情に隔たり、深慮の価値あり。 新浪財経 2020年12月1日 来源:環球時報 “北京-东京论坛”今年进行的舆论调查显示,中国民众的对日好感度不断上升,达到45%的高位,而日本民众对华好感度却降到了…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対訳:バイデン勝利宣言、世界に十大変化が発生!(2)

变化六, 俄罗斯压力山大。 压力最大的,应该就是俄罗斯了。别忘了,拜登可是明确说过:美国目前面临的最大威胁,就是俄罗斯。过去四年,美俄关系已经很糟糕;但未来四年,可能会更加糟糕。当然,俄罗斯也不是善茬,那一番恶斗就免不了。这一点,不需要我多说了,大家看吧。 変化の6 《ロシアの圧力は山の如し》 圧力が最大のものは、ロシアで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対訳:バイデン勝利宣言、世界に十大変化が発生!(1)

拜登宣布胜利,世界将要发生的十大变化! 牛弹琴 发布时间:11-0808:21 バイデン勝利宣言、世界に十大変化が発生! 牛弾琴(個人ブログ):2020年11月8日 变化一, 全面拨乱反正。 别忘了,拜登竞选时就承诺:我保证,我将在上任第一天就拨乱反正。凡是被特朗普颠倒过来的,大概率又会再颠倒过来;凡是特朗普铁定要去做的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプはファシストである

2020年11月7日、米大統領選の開票作業が続いていたペンシルベニア州でジョー・バイデンが勝利し、獲得選挙人が当選に必要な過半数ライン(270)を超えた。ここに日本で言う「当確」がようやく打たれることとなり、ドナルド・トランプは政権の座から追いやられることになった。ニュースの中で街角の若者が「これで暗黒の時代は終わった」とほっとしたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「恥の上塗り」をする二人の男

「謙虚」とか「潔さ」という態度は昔から日本では美徳とされて来た。ところが今日、「恥の上塗り」「往生際が悪い」「未練がましい」「嘘を重ねる」など、美徳とは正反対の醜悪な言動が二人の政治家によって演じられている。 トランプ米国大統領。まだ大統領選の票の開票作業が終わらないうちに、早々と勝利宣言を出した。ところが、その後、郵便投票の分が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本性を現した令和冷酷おじさん(2)

《背景に安倍政権の産軍学共同路線が》 菅首相が6人の任命を拒否した理由は、2013~17年に安倍政権が強引に成立させた特定秘密保護法や安全保障関連法などを批判したからといわれているが、その背景には安倍政権時代からの日本学術会議との対立があった。 安倍政権は2014年「防衛装備移転三原則」を閣議決定し、それまでの武器輸出を原則として禁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本性を現した令和冷酷おじさん(1)

安倍麻生なんだか可愛く見えて来た 天皇も任命拒否ができるかも (以上朝日川柳2020.10.6) 《人事で恫喝》 2020年9月、菅義偉首相が、日本学術会議が推薦した会員候補105人のうち6人を任命しなかった問題が現在、大きな批判を浴びており、臨時国会でも論争の的になっている。任命を拒否された6人はいずれも、2013~17年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北一輝と米国大統領選挙

北一輝といえば、国家社会主義を提唱した戦前の右翼思想の理論的指導者で、1936年の2.26事件の際逮捕され、処刑されている。31日の東京新聞で主幹小出宣昭氏が「大統領の品格」という題で、北一輝の言葉を紹介している。それは当時の米国大統領選※に関するものである。 「国家の元首が売名的多弁をろうし、下級俳優のごとき身ぶりをさらして当選…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファシズム化するトランプ勢力

アメリカ大統領選挙運動が過熱化するにつれて、トランプ大統領は新型コロナ感染のダメージを回復するため、己をコロナに屈しないマッチョな存在に見せ、野卑な言葉でバイデンや民主党を罵ることにやっきとなっている。このため彼の演説や発言も支離滅裂なものとなり、アメリカ民主主義を根底から脅かす危険な存在にさえなっている。 9月29日に行われたバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三・昭恵夫妻に群がった悪い奴ら(2)

山口隆祥ジャパンライフ元会長。2020年9月18日、山口隆祥元会長ら14人が詐欺容疑で逮捕された。山口会長の商売は悪徳マルチ商法と呼ばれ、百万円の磁石入りベストなど、磁気治療器のオーナーになれば、別の顧客に貸し出して年6%のレンタル料が得られるという怪しげなものであった。結局、ジャパンライフは2400億円の負債を抱えて破綻してしまい、日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三・昭恵夫妻に群がった悪い奴ら(1)

支持率が30%代に低迷し、すべてが上手く行かなくなって政権を放り出した安倍晋三前首相、ところが、その内閣を「居抜き」で受け継いだ菅内閣の支持率が、各報道機関の世論調査では、軒並み6~7割を記録しているという。この国民ありてこの政治家あり。今私たちに必要なのは安倍内閣の政策に関する歴史的な検証と記憶である。そこで、私はマスコミを賑わした3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対訳:菅義偉正式に日本の首相に選出!「安倍後時代」の7大未知数とは(2)

《未知数の1:新型コロナの流行を抑えられるのか?》菅義偉は、しばらくの間、新しい解決措置を提起するのは難しい。 《未知数の2:東京オリンピックは開催するのか?》残された時間は少ない。世界の新型コロナ流行の情勢が好転しない中での開催は困難である。 《未知数の3:経済の回復はできるのか?》菅義偉が日本経済を衰退の趨勢から回復させることは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対訳:菅義偉正式に日本の首相に選出!「安倍後時代」の7大未知数とは(1)

菅义伟正式当选日本首相!“后安倍时代”的七大未知数 腾讯新闻:2020.0916.12:50 菅義偉正式に日本の首相に選出される!「安倍後時代」の7大未知数とは 騰訊ニュース:2020年9月16日 安倍因病辞职后,菅义伟在党内多个派系的支持下,当选可谓“顺风顺水”。但是真正的挑战,在他接过安倍的接力棒后,才刚刚开始。 中新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和おじさんの所見発表演説会

次の文は2020年9月8日に行われた菅官房長官の所見発表演説会の抜粋です。これを読んで下線部に答えなさい。 「今日の礎を築いてくれました安倍晋三総裁①に対し、この場をお借りし、心からの敬意を表明するとともに、その卓越した指導力と判断力②にあらためて最大限の賛辞③を送らせていただきたい」 問1 下線部①で安倍晋三総裁が築いた「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

時代閉塞の「令和おじさん」

 菅官房長官は、9月2日の総裁選出馬表明の会見で、「国の基本は『自助・共助・公助』」と宣言した。この意味を菅氏は次のように解説した。 「まず、自分でできることは自分でやる。自分でできなくなったら、まずは家族とか、あるいは地域で支えてもらう。そしてそれでもダメであれば、それは必ず国が責任を持って守ってくれる。そうした信頼のある国づくりと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相退陣

安倍晋三首相は2020年8月28日、官邸で記者会見し、辞任する意向を表明した。持病の潰瘍性大腸炎が再発し、首相の職務継続が困難になったと説明した。2012年12月の第二次安倍政権発足から連続在職日数が歴代最長となった政権は約7年8カ月で幕を閉じる(2020.8.29東京新聞) 写真の東京新聞に「一強と分断の7年8カ月」とある。官邸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IR汚職・秋元議員関連人物の整理(記憶のために)

安倍晋三首相・・「統合リゾートは日本の成長戦略の目玉となる」として、菅官房長官とともにIRの旗振り役を担い、2016年12月、衆院内閣委員会でカジノ解禁法案(IR推進法)の採決を強行した。この時、委員長を務めていた秋元司議員は、その「功績」により、2017年8月に安倍第三次改造内閣で国土交通副大臣兼IR担当の内閣府副大臣に任命された。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪い奴らは皆つながる・IR汚職秋元議員再逮捕

2019年12月にIR(カジノを含む統合型リゾート)事業をめぐる収賄容疑で逮捕・起訴された秋元司衆院議員(自民党を離党)が、今度は2020年8月20日、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)で東京地検特捜部に逮捕された。秋元議員は2020年2月、無罪主張のまま保釈され議員活動を再開していた。既に東京地検は8月4日に同じ容疑で会社役員の淡路明人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武器やミサイルを構えてもコロナは待ってくれない

日本が新型コロナウィルス感染症に襲われてから半年。この間に日本人が気付いたことは何だろう? 〇「アベノマスク」に見られるように、無駄なところに税金を注ぎ込み、真に必要なところが無視される行政の怠慢。不作為。 〇政府が無能であること。 「世界」2020年8月号で、『パンデミックから軍縮へ』と題した川崎哲氏の論文が載っている。川崎氏は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米朝首脳会談とボルトン回顧録

ボルトン前大統領補佐官が、彼の在任中のことを書いた回顧録を出版したことが、マスコミでさかんに報じられている。この回顧録に対して、トランプ大統領は「うそと作り話で構成されている」と主張し、ワシントンの連邦地裁に出版差し止め請求を求めたが6月20日に棄却され、この度「無事に」出版されたものである。伝え聞く内容は次のようなものがあるという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人の「官邸の番人」を考える

2020年6月18日、前法相の河井克行衆院議員と妻の杏里参院議員が公選法違反(買収)の容疑で東京地検特捜部に逮捕された。河井克行議員は「前法相」としてマスコミに紹介されることが多いが、「あれ?何で辞めたんだっけ?」と既に記憶が曖昧になっている国民も多いと思われる(私だ)。そこで、これまでの経緯をまとめておこうと思う。そうすると「黒川検事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権迷走の象徴「アベノマスク」

6月13日(土)現在、「アベノマスク」は我が家に未だ届いていない。安倍首相が国民に「布マスクを全世帯に2枚ずつ配布する」という方針を表明したのは4月1日。それから実に2か月半も経ったのに一向に姿を見せない(待ち望んでいるわけではない)。結局、「アベノマスク」は安倍政権の迷走の象徴となり、国民の政権に対する著しい不信感を抱かせてしまった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横田滋さんの死を考える

2020年6月6日、北朝鮮による拉致被害者家族連合会(家族会)の前代表横田滋さんが亡くなった。享年87歳。我々から見れば横田滋さんは、家族会の代表と言うよりは「めぐみさんのお父さん」として知られていたと思う。1977年11月に娘めぐみさんが金正日の工作員に拉致されて以来43年間、横田さんは、めぐみさんと拉致された人々の帰国を実現させよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more