Amazonを騙ったフィッシング詐欺文を添削してみた。

Amazonを騙ったフィッシング詐欺がさかんにメールで送られて来ている。不用意にリンク先のURLにアクセスすると、アマゾンのログイン画面を装ったものになり、Eメールアカウントやパスワードをはじめ、住所・氏名・電話番号・誕生日・クレジットカード情報・本人認証コードなどを入力させ、個人情報を搾取されるというから警戒しなければならない。

詐欺か、それともAmazonからの公式な連絡なのか見分けるために一番速い方法は、Amazonのアカウントサービス内、メッセージセンターから、正規のAmazonからの連絡を確認すれば良いのだそうである。
私の場合は、送られて来た文章を読んで、文中におかしな誤りがあれば「詐欺」と認定している。

先週の水曜日のメール。

あなたのアカウントは、疑わしい場所から最近アクセスされました①。
ログインの詳細:
ブラウザ: Google Chrome
オペレーティングシステム: IOS
ロケーション: America
24時間以内にこのメッセージを確認するまで②、お客様のアカウントは保護されます。
指定された締め切りまで③このメッセージを確認しないと、あなたのアカウントは永久にロックされます。
ログインボタンをクリックしてアカウントを確認してください。
よるしく④お願いします、
Amazonサポート。

下線部①は「アカウントに疑わしい場所からアクセスがありました」が自然だろう。下線部②は誰が「確認する」のか主語がはっきりしない。また「確認する」とは何のことなのか?唐突な内容である。下線部③は「締め切りまでに」が正しい。下線部④は論外。文の最後に「よろしくお願いします」などとは書かないのではないだろうか?前の行に続けて、「アカウントを確認していただきますようお願いいたします」だろう。

次の日の木曜日、再びメールが来た。
【重要】 Amazon株式会社から緊急のご連絡
あなたの Amazonのアカウント: ×××××〇①、異常なログインが見つかり、配送先住所が変更されました!②新しい配送先住所は24時間後に有効になりま〇③
ログイン日時:××××
IPアドレス:××××
Amazonアカウントの盗難による顧客への金銭的損失を回避するために、携帯電話のみを使用して Amazonアプリケーションにログインすることをおすすめしま〇③現時点では、アカウントはまだ機能していますが、一部の機能が一時的に無効に④なっています。これがあなた自分自身でない場合は⑤、アカウントにログインして、すぐに設定を変更してください。

①は助詞「に」が抜けている。②は正規の連絡に「!」を使うか?③は「す」と読点が抜けている。コピペの不備?④「一部の機能」って何だ?「ロックされる」とか「無効になる」とかは脅し文句である。⑤は意味不明。「あなた自分自身」とは?正しくは「これがあなた自身が操作したものでない場合は」だろうか。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント