対訳:王毅外相とザリフ・イラン外相が電話協議

王毅同伊朗外长扎里夫通电话
2020年01月04日 来源:人民网
王毅外相とザリフ・イラン外相が電話協議
2020年1月4日 来源:人民ネット

人民网北京1月4日电 据外交部网站消息,2020年1月4日,国务委员兼外交部长王毅应约同伊朗外长扎里夫通电话。
扎里夫通报了伊方对伊朗将领遭袭事件的立场。扎里夫强烈谴责美方的粗暴行径,表示美方所为势将产生严重后果。伊朗已就此向联合国秘书长致函,希望中方能为防止地区紧张局势升级发挥重要作用。
人民ネット北京1月4日電 外交部ネットニュースによれば、2020年1月4日、王毅国務委員兼外交部長はイランのザリフ外相と電話協議を行なった。
ザリフ外相は、革命防衛隊司令官の殺害についてのイラン側の立場を説明した。ザリフ外相は米国の粗暴な行動を強烈に非難し、「米国はひどい結果を招くことになるだろう」と述べた。イランはこれまでに国連事務局長に書簡を送り、中国が地域の緊張状態を防止し、重要な役割を拡大するように希望した。


王毅表示,美方的军事冒险行为,违背了国际关系基本准则,将加剧地区局势的紧张动荡。中方反对在国际关系中使用武力,军事手段没有出路,极限施压更行不通。中方敦促美方不要滥用武力,通过对话寻求问题的解决。中方将秉持客观公正立场,为维护中东海湾地区和平安全发挥建设性作用。
王毅外相は次のように述べた。
「米国の軍事的冒険行為は、国際関係の基本原則に違反し、地域情勢の緊張と動揺を強めるだろうと述べた。中国は国際関係での武力行使に反対し、軍事手段に出口は無く、(イランへの)極限圧力も通らない(行不通)。中国は米国が武力の濫用をしないように促し、対話を通じて問題を解決することを望む。中国は客観的公正な立場を携え、中東湾岸地区の平和と安全のために建設的な役割を発揮するだろう。」

《感想》
中国とイランは2019年12月下旬にロシアとともにオマーン湾付近で初めての海上軍事演習を実施している。12月末にはザリフ外相が訪中し、王毅外相と北京で会談している。双方はトランプ大統領の「米国第一主義」に反対していく考えで一致している。中国はイランと連携を強め、中東湾岸地域への影響力を強めることを狙いながら、戦争に至った際の米中関係が破局することは望んでいない。トランプの行為は国際法違反であることが明らかなので、イランが報復攻撃を思い止まり、中国などの国際世論に訴える方法もある。しかし、問題は、イラン政府が国内の反米愛国主義の高まりをコントロールできるかどうかである。

それにしても情けないのが日本の安倍政権である。緊迫した情報が日本にもたらされた当日(1月3日)と翌日、安倍首相は夫人と会食、映画鑑賞、ゴルフ三昧だった。ゴルフ後、記者からイラン問題について質問されると、「今月、諸般の情勢が許せば中東を訪問する準備を進めたいと思っている」と述べたのみである。

《追記》安倍晋三首相は6日、年頭の記者会見で、緊迫化する中東情勢について「深く憂慮している。事態のさらなるエスカレーションは避けるべきで、全ての関係者に緊張緩和のための外交努力を尽くすことを求める」と表明した。対立を深める米国とイラン双方に自制を促した。海上自衛隊を中東に派遣する方針に現時点で変わりがないことも明らかにした。(2020.1.6)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント