秋明菊

画像

画像

秋明菊が今年も可憐な白い花を咲かせています。白だけでなく紅紫色のもあります。白い花びらに見えるのは花ではなく「がく」なのだそうです。つまり花弁がない花です。「菊」の名が付いていますが、この花は「キク科」の植物ではなく「キンポウゲ科」に属するのだそうす。
見た目や名前からは正しい判断はできないという教訓めいた花ですね。古代に中国から渡来してきたのだそうで、中国では「秋牡丹」といいます。
大変生命力の旺盛な植物で、この秋明菊も引越しの際、群馬から地下茎を持って来て、地中に埋めておいたものです。つまり「ほったらかし」です。しばし、古代日本の野に咲き誇っている姿を想像しながら佇むのも一興かと。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック