アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「NHK連続テレビ小説」のブログ記事

みんなの「NHK連続テレビ小説」ブログ

タイトル 日 時
「ひよっこ」のモデル
「ひよっこ」のモデル △東京新聞7月6日より ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/12 08:52
「ひよっこ」考
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」が放送されて3週間目に入った。基本的に「ながら見」はしないので、そろそろ見続けるか否かの決断をする時となった。結論は「面白いので見続けよう」である。妻は一日2回見ている。ドラマに対する評価も好評のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 20:46
写実性を欠落させたNHK朝ドラマの粗製乱造
「べっぴんさん」は実在の人物をモデルとして、昭和の時代を舞台とし、子供服メーカーを創業した女性社長の物語である。「あさがきた」「とと姉ちゃん」と続いた後なので、正直な話、「またかよ」という印象だった。時々「つまみ食い」のように見ているが、その内容については別の意味で「またかよ」という印象を持っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 15:38
無難・安全・平板の「べっぴんさん」
昭和の時代を舞台とし、子供服メーカーを創業した女性社長の物語。実在の人物をモデルとしている。正直な話、「またかよ」という印象だ。「あさがきた」「ととねえちゃん」と女起業家の話が続いたからである。何よりも名作「カーネーション」と「業種」が一致している。まさか「女性活躍社会」を提唱する安倍首相の期待にNHK会長が応えたわけではあるまいが、NHKの朝ドラのテーマとしてはいささかマンネリだ。とはいえ、朝ドラファンとしては見ないわけにはいかないので、3週間見続けた感想を述べる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/28 20:40
『てるてる家族』に見られる史実と虚構の描き方
朝ドラマ『てるてる家族』(BSプレミアムで再放送中)を夫婦で楽しく観ている。『とと姉ちゃん』を早々と撤退した私にとっては、まことにありがたい朝のひとときなのである。 本作品は2003年度下半期に放映されたが、私は全く観ていない。いや、当時は朝ドラに全く関心がなかったので、作品の題名すらも知らなかったのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/07 14:53
「とと姉ちゃん」からの撤退
朝ドラは2週間観ても面白くなければ、最後まで面白くならない」という帰納法的法則により、私は連続テレビ小説「とと姉ちゃん」を見るのを止める事にした。理由は次の二点である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/15 18:17
「あさが来た」の主題歌とAKB48
私はAKB48の歌を全く知らないし、メンバーもほとんど知らない。「こじはる」という娘が浦和レッズサポーターであることを知り、若干の親近感を覚えた程度だ。2013年暮れ、「あまちゃん」に再び会いたいがため、無理に紅白歌合戦にチャンネルを合わせたのだが、AKB48の中心メンバーの一人が「卒業宣言」を発して大騒ぎになったのを見るに付け、「うわぁ、日本の文化はここまで行っちゃってるのか」と驚いたのであった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/12/13 15:26
父方の歴史が無視された「ファミリーヒストリー」
私の好きな番組の一つがNHK「ファミリーヒストリー」(毎週金曜日20時放送)だ。この番組は、著名な俳優、TVタレント、スポーツ選手などをゲストに迎え、そのゲストの家族史をNHKが徹底取材し、その結果を見せるものである。視聴者はゲストの家族史と、それを見るゲストの反応を同時に見ながら、その驚きの結果に涙することになる。また、NHKの取材の見事さにも感心する。時には海外に渡り、関係者に取材し、資料を調査するのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/24 13:55
原点回帰の朝ドラマ『あさが来た』
原点回帰の朝ドラマ『あさが来た』 NHKの連続テレビ小説、いわゆる「朝ドラ」に関して、私は「最初の2〜3週間で面白くなければ、後は期待しても無駄である」という一種の帰納法的経験則を発見し、この経験則を前作『まれ』に適用した。そして躊躇なく視聴を止めたのだが、この判断は正しかったようである。物語は混乱して最後には破綻、挿入されるエピソードはすべて中途半端に終わり、何よりも「ヒロインがちっとも成長しない」という点で、視聴者の強い怒りを招いたようである。「純粋無垢なヒロインの成長物語」こそ朝ドラの肝であり、「王道」である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/12 23:17
朝ドラマ「まれ」に見られる通俗性
NHK連続テレビ小説「まれ」が放映されて2週間になる。私は、ここで視聴を止めることにした。私は、朝ドラを見初めてから6年になるが、その中で「最初の2〜3週間で面白くなければ、後は期待しても無駄である」という一種の帰納法的経験則を発見したからである。「てっぱん」「ウエルかめ」「つばさ」「マッサン」等はそれにあたる。 「まれ」はどうか?はっきり言って面白くない。これは非常に主観的な言い方なので、反対に「とても面白い」という人も多く存在するということを承知の上で、その理由を考えてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/11 10:28
中国語学習・「マッサン」が面白くない理由
「マッサン」が面白くない理由 私はNHK朝ドラの「マッサン」を見るのを止めた。10月初旬に放送を開始して以来6週間見続けたが、物語が一向に面白くならないし、一度として心動かされる場面に遭遇せず、視聴後の印象も薄かったからである。 “阿政”为何无趣? 我停止看晨间剧“阿政”。因为从10月上旬播送开始,我连续看了6个星期,而且觉得此故事一点儿也没有趣,一次也没遇到动心的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/19 21:38
「マッサン」が面白くない理由(2)
放映第3週の時点で、私は“マッサン”が面白くない理由として4つあげてみた。 @シナリオが通俗的すぎる。Aステレオタイプ化された日本文化の描写。B喜劇として失敗。C夫婦の生き方が物語の中で交差しない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/11/13 20:34
「マッサン」が面白くない理由(1)
NHK「朝ドラ」(連続テレビ小説)「マッサン」は10月初旬に放送を開始して以来3週間経つが、視聴率が高い割りには一向に面白くならない。次を見たいというワクワク感が起こらない。淡々と物語が進行しているが、一度として心動かされる場面に遭遇せず、視聴後の印象も薄い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/10/21 11:35
ちりとて再び
「来るかな?・・来るぞ・・来たぁ!」と誰もが思っただろう決めセリフ「今日からお前が俺のふるさと」の場面。座布団は「ふるさと」のメタファーだ。最初にそれが捨てられる。若い男女の愛の感情表現はもどかしい。誤解と反発という「お約束」の場面を交えながらも、相互理解はなかなか進まない。せっかく気持ちが高まったと思うと、除夜の鐘が邪魔をして、「まだまだ」と視聴者を更に引っ張る。そして草々の突然の「壁ぶち抜き」によって最高潮に達し二人の愛は成就する。脚本と演出が実に巧みである。現実の世界にはありえない話が、丁... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/10 23:00
あまちゃん第157回「おら、紅白に出るど」
あまちゃん第157回「おら、紅白に出るど」 156回の物語の中で、ユイは4回故郷脱出を図るが、その度に外的な要因によりそれを阻まれる。4回目には東日本大震災に遭遇し、とうとう東京に行くことをあきらめるのである。そして「第157回」、ユイはアキの招きで故郷を軽々と脱出し、NHKホールに導かれる。紅白の舞台に立つために。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/01 16:28
「あまロス」及び「ごちそうさん難民」の行方
NHKプレミアム朝7時15分からの『ちりとてちん』を見ている。2007-08年に放映された朝ドラマの再放送である。当時、私は朝ドラを見る習慣はなく、そのごく一部を見たにすぎなかった。「落語をネタにした面白いドラマだな」という程度の感想を持つにすぎなかった。今、このドラマを「あまちゃん」が終わった時から見続けているが、改めて「とても良く出来た作品だな」と感じている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/21 08:00
物語風料理番組・「ごちそうさん」
今のところ、このドラマは「物語風料理番組」と理解しています。大量の納豆や大量の塩むすびに対して批判が集まっているようですが、この場面は「笑ってもらう所」なのだと思います。ヒロインが帝大生の気を引こうと、何の思慮も無く食べ物にまっしぐらに突き進んでしまうことのギャップで笑いを取ろうとしたのですね。でも全然面白くありませんでした。脚本家(演出家)の「笑い」の感覚がずれているんですね。でもそれは些細なことです。もっと問題なのは、この脚本は「ものを食らうこと」がテーマであるにもかかわらず、食生活を中心に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/20 15:05
鈴鹿ひろ美の熱唱・「あまちゃん」より
鈴鹿ひろ美の熱唱・「あまちゃん」より とうとう「移ろい易い音程」の持主、鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)が「潮騒のメモリー」を歌った。この一週間、引っ張りまくりで、ヴォイス・トレーニング中の鈴鹿の声をひたすら隠し、スナックのカラオケで曲を歌うシーンも、2度にわたりアキの妨害で歌えず、おまけに「魔界の門が開き、そこから聞える死霊の呻き声のように」彼女が歌った「団子三兄弟」で赤ん坊が泣きだす始末(ここでも歌声は聞こえない)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/25 23:45
大震災を描いた「あまちゃん」
9月2日 ジョギングや文鳥の世話などを早めに済まして、「早あま」を見る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/02 11:26
「あまちゃん」による生活の変化
NHK朝ドラ「あまちゃん」が好調である。視聴率は一貫して20%を超え、ヒロインの発する「じぇじぇ!」という感嘆詞は流行語となりつつある。 私もすっかり「あまちゃん」にのめり込んでいる。いや、「中毒」かもしれない。 昨日(10日)などは、朝7時半にBSで字幕付きで観て、急いで朝食を摂った後、8時からのNHK総合で再度観た(これは習慣になっている)。昼間は「スタジオパーク」で渡辺えりのトークを聞き、夜は「家族に乾杯」で小泉今日子の久慈市探訪の様子を観たのであった。この間に妻と「あまちゃん」に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/11 14:35
続「純と愛」外伝
二人の男の会話(2) 「ユカワさん。“ホテルの改修費”の件とは別に、ここに来てまた新たな問題が・・・。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 19:59
「純と愛」外伝
 二人の男の会話 「ユカワさん、もっと宮古のことを描いてほしい、って視聴者からクレームが来てるんですけど、台本のほう、何とかなりませんかね?」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/23 19:57
中国語学習・「純と愛」
10月の中国語学習テーマは「梅ちゃん先生」だったが、ドラマ評価の表現が面白かったので、引き続き、朝ドラ「純と愛」について書くことにした。今回も老師の熱心な指導によりやっと文が完成したことは言うまでも無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/07 19:54
中国語学習・NHK連続ドラマ
中国語学習を始めてはや1年。原発再稼働問題や領土問題など、難しいテーマを扱ってきましたが、今回は一転して「テレビの連続ドラマ」“电视连续剧”の話題です。かなり添削されてようやく完成。老師に感謝です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/18 14:47
連続ドラマの破綻『梅ちゃん先生』
退職して以来、NHKの「朝ドラ」をよく見るようになった。「ゲゲゲの女房」「カーネーション」は良作と思い、最後まで見届けた。「てっぱん」「ウエルかめ」は途中で観るのをやめた。 従来、朝ドラは主婦層や高齢者が「お得意様」であると思われて来たが、最近は私のような多くの「団塊の世代」の男性も朝ドラを楽しむようになって来たと思われる。たとえば「ゲゲゲの女房」は戦後漫画史として観ても面白く、ドラマの中での「ガロ」の社長や「つげ義春」の登場には心を躍らせたものである。朝ドラを観る新しい視聴者層か。それだけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/31 23:40
「梅ちゃん先生」はこれで良いのだろうか?
朝ドラは「暴力とセックスはご法度」の世界である。だからと言って、信郎(松坂桃李)の工場に集団就職でやって来た少年を、いくら部屋が無いからと言って、新婚の信郎と梅子(堀北真希)の寝室に一緒に寝起きさせるのは甚だしくリアリティを欠く。信郎と梅子も夫婦の営みには全く興味がないようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/09 20:55
再び『ゲゲゲの女房』
朝日新聞の「はがき通信」(8/3)の中で、「いきものがかりが歌っている“ゲゲゲの女房”のオープニングの歌の歌詞が聞き取れない、という声が多数届いている」という記事がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/03 09:24
好調な『ゲゲゲの女房』
NHK連続テレビ小説の『つばさ』『ウエルかめ』は相当退屈な内容だった。しかし現在放映中の『ゲゲゲの女房』はなかなか面白いので、毎日、妻と見ている。視聴率は20%を超える勢いである。 ただし私の興味の対象は、村井布美枝(松下奈緒)の初里帰りとか娘の成長とかの家族物語ではなく、あくまでも水木しげるの漫画についてである。私は漫画ファンなのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/02 14:39
テレビドラマ「玉蘭」
新聞のテレビ番組欄に「玉蘭〜東京ー上海ー広東、7000`を超える旅・・百年の愛の物語」というコピーにつられて、中国語学習中の者として興味をそそられ久しぶりにテレビドラマ(テレビ朝日)を見てしまった。主演の常盤貴子がどんな中国語を使うのかも興味があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/17 00:23

トップへ | みんなの「NHK連続テレビ小説」ブログ

ジュン爺日記 since2006 NHK連続テレビ小説のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる