ジュン爺日記 since2006

アクセスカウンタ

zoom RSS 内閣支持率の「水増し」

<<   作成日時 : 2017/06/26 17:58   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年6月に実施された大手新聞各紙の内閣支持率調査は、「支持する」が読売49%、日経49%、朝日41%、毎日36%だった。支持率が大幅に低下したことは予想通りだが、「読売、日経、毎日の差は何なのだろう?13ポイントも違うではないか」という疑問が出るのは当然だ。その原因は質問の仕方にある。
《読売、日経の方法》
@まず、「支持」「不支持」を聞く。A次に「言えない」「わからない」の人には、更に「どちらかと言えば(お気持ちに近い方は)」と重ね聞きをする。ここで得た数字を「支持」「不支持」に加える。これで「支持」「不支持」とも増えるが、通常は「支持」が「不支持」を上回っている場合が多いので、支持率の伸びが大きくなるのである。

なーんだそうだったのか。これでは水増しだ。印象操作だ。さすが御用新聞。

《朝日の方法》
「支持」「不支持」だけを問い、重ね聞きはしない。

《毎日の方法》
「支持」「不支持」「関心がない」の三択。
無関心層や曖昧層の回答が「関心がない」に集約され、支持・不支持が一層明確になる。

各紙は世論調査の方法を明確にして結果を発表すべきである。 ところで、読売は2015年、安保関連法案に関する世論調査で、次のような質問をした。

現在、国会で審議されている集団的自衛権の限定的な行使を含む安全保障関連法案についてお聞きします」、「安全保障関連法案は日本の平和と安全を確保し、国際社会への貢献を強化するために自衛隊の活動を拡大するものです。こうした法律の整備に賛成ですか、反対ですか

これは完全に政府側に立った意図的な質問である。これで賛成が多くなると思いきや、読売の「努力」も空しく、結果は反対が8ポイント上回った(「賛成」40%、「反対」48%)。国民は騙されなかったのである。

読売の世論調査は、権力の意向を忠実に反映するように操作される。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内閣支持率の「水増し」 ジュン爺日記 since2006/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる